子育て

正反対に思っていた娘に、私のDNAが受け継がれていた話

中学生の頃から、THE ALFEEが好きなんですよ。
この前実家に行った時に、「CDいるやつ持って帰って〜」と父に言われまして。

その中にありました。

THE ALFEEのCD。

懐かしさでいっぱいになり、帰りの車で聞きました。

Can you hear me 聞こえるかい?

Brave Loveという曲ですね。

そういえば、昔、夫とテレビを見ていた時にアルフィーが歌番組でこの曲を演奏していたことがありました。

Can you hear me 聞こえるかい?

夫:「聞こえるかい・・?」

Can you see me 見えるかい?

夫:「見えるかい・・!!爆笑」

アルフィーの歌詞を復唱しては爆笑している夫。

夫とは昔から音楽の趣味が合わないところがありました。

音楽の好みは人それぞれですし、私は30代なので、アルフィーのファンとしてはかなり若いです。

同世代からアルフィーの素晴らしさを理解されたこともありませんでした。

 

でも私がアルフィー好きやからそれでいい。
私はこれからも車でアルフィーを聞く。聞き続ける。

誰に理解されようがされまいが、私は車でアルフィーの曲を聞く。

櫻井さんの美声に心震わせる。

そんな孤独な気持ちになっていた時。

娘:「この歌かっこいいから、ずっと聞きたい!!」

え?!

アルフィーの良さに共感されたことは、(年上以外では)初めてでした。
アルフィーの良さに共感してくれたのが、まさかの我が娘とは。

あぁ我が娘よ。

さすが我がDNAよ。

お兄ちゃんが習っている空手を、絶対にやりたくない娘。
空手をやりたくない理由は「ニオイが疲れるから」という娘。
いつもディズニー調の娘。
私の見えないところで いらんこと をして兄を怒り狂わせる娘。

プリンセスになりたい感じとか、空手をしたくない感じとか、私とは正反対かも?と思っていたのですが、アルフィーの良さに気づく感性は受け継がれていたようです。