痩せるペースが速すぎるのは危険!ダイエットで痩せる適正なペースとは?

[chat face=”myface.png” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=”maru”]ダイエットするんやったら、早く痩せたいよなぁ!はよ痩せたい。[/chat]
ダイエットで痩せるペースについて考えたことはありますか?
早く痩せたい!という気持ちはとてもよくわかります。

早く痩せて早くキレイになりたいですよね。

でもダイエットをして痩せるには、適正なペースがあります。

[chat face=”myface.png” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=”maru”]リバウンドしないためにも体重を減らすペースは大切やから、体重を落とすペースについて書いていくで。[/chat]

適正なペースを守る理由

ダイエットで痩せるペースが速いのは危険です。

ダイエットで早くに成果が現れるのは嬉しいし、ダイエットのモチベーションにもつながりますが、痩せるペースが速いのは危険です。

1ヶ月で5キロ痩せた!というのは危険なのです。

どうして痩せるペースが速いと危険なのか、理由は大きく2つ。

  • すぐリバウンドする
  • 体調が悪くなる

痩せるペースが速いとダメな理由を詳しく見ていきましょう。

すぐリバウンドする

痩せるペースが速いと、すぐにリバウンドします

急なペースで痩せるには、極端な食事制限をしたことでしょう。
極端な食事制限は、続けることができません。

食べないことをやめた瞬間からリバウンドします。

痩せるペースが速いとリバウンドするのです。

[chat face=”myface.png” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=”maru”]食べないことって、苦しいやろ?続かんよ。だからリバウンドすんねん。[/chat]

短い期間であっても苦しい思いをしたのに、それが全くの無駄になってしまうので、痩せるペースはゆっくりしたほうがいいです。

体調が悪くなる

痩せるペースが速いと、体調が悪くなることがあります
いきなりカロリーをほぼゼロにしてしまうと、体が低血糖の状態になってしまいます。

  • 立ちくらみがする
  • いつもダルイ
  • 寒くて震える
  • 顔色が悪い
  • 吐き気がする

こんな症状が出たら、痩せるペースが速すぎるのかもしれません。

また、食べないことを続けるとストレスが溜まります。
ストレスによってイライラしたり、心が不健康になってしまうこともあります。

ダイエットをしてやつれたり、元気がなくなってしまうのは本末転倒ですよね。

[chat face=”myface.png” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=”maru”]ママが倒れたら家が回らん!しんどくなったらあかんで!
健康第一![/chat]

痩せるペースは速すぎるとダメですよ。

痩せるペースの目安

1ヶ月で痩せるペースの目安は、体重の5%です

50キロの人の場合は、1ヶ月で2.5キロまで体重が落ちてもいいことになります。
(個人差があります)

もともとむくみやすいタイプの人は体の中に水分が多く、ダイエットの序盤でガツンと体重が落ちることがあります。

自分の体調と相談して、痩せるペースが速くなりすぎないように注意してください。

ダイエットのペースを考える指標

痩せるペースについて、考えるための指標を紹介します。

ダイエットするために簡単な指標は2つあります。

  • BMI
  • 女性の理想体重

BMIと理想体重について詳しく見ていきましょう。

BMI

BMIは、肥満度を確認するための数値です。
体重と身長から計算します。

体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

計算できましたか?

WHO(世界保健機構)の肥満度判定によると、18.5~25未満が標準体型ということになっています。

しかし、BMIが19の人とBMIが24の人ではかなり違います。

例えば身長160㎝の人の場合、

  • BMIが19だと48.6㎏
  • BMIが24だと61.4㎏

こんなにも差があります。

女性の場合、年齢と共に脂肪が多くなってきますので、30代以上の標準は21~23が理想とされています。

理想体重

日本人の理想体重は、簡単な計算で導き出すことができます。

身長(m)×身長(m)×20=

計算できましたか?

160cmの場合、51.2㎏が理想体重です。

理想体重よりも体重を落としたい人もいれば、BMIによる肥満から抜け出したい人もいるでしょう。

これらの指標はあくまでも目安として考えます。

ダイエットのペースには個人差がある

ダイエットのペースを考えるうえで、個人差を見逃すことができません。

脂肪が付きやすい人もいれば、筋肉がつきやすい人もいます。

全員に共通して言えることは、ダイエットをするには1ヶ月で体重を落としすぎてはいけません。
ゆっくりのペースで痩せて、健康的で美しい人になってほしいと思います。

詳しいダイエットの方法はこちらの記事に書いています。

産後なのに妊娠前よりキレイに痩せたダイエット方法【3カ月でマイナス6キロ】
妊娠中に太ってしまうのは仕方がないから、産後ダイエットで痩せたい!という人は多いのではないでしょうか。 産後ダイエットはいろんな方法がありますが、産後ダイエットで大切なことは3つあります。 子どもの世話があるため健康的で...

コメント

タイトルとURLをコピーしました