コラム

ソーセージには添加物がいっぱい!発がん性も?簡単・安全・手作りソーセージの作り方

ソーセージには添加物がいっぱい?

ソーセージには添加物がいっぱい入っていますよね。

市販のソーセージを買う前に袋の裏を見て、どんな添加物が使われているのか確認してほしいです。

 

ソーセージの中身はほとんど添加物ではないでしょうか。

添加物が体に良くないのは何となく知っていると思いますが、改めてどんな添加物がソーセージに入っているかを確認してみましょう。

 

ソーセージによく使われる代表的な添加物を紹介します。

リン酸塩

結着剤。

体内のカルシウムを排出してしまうので、特に子どもには食べさせたくない。

ソルビン酸

保存料。

腐らなくできる添加物。
腐らないので、いつの肉なのか不明なほど古い肉を使える。

アミノ酸

アミノ酸と聞けば何となく「健康に良さそう!」と思うかもしれませんが、これも添加物。

調味料(アミノ酸)と書いているのはグルタミン酸ナトリウムと言って、化学化合物です。

添加物、多すぎ!書くの疲れた!

ソーセージには添加物がいっぱい、そういうことです。

ソーセージの発がん性

ソーセージは加工肉と言って、世界保健機構(WHO)が発がん性を認めています

正確には世界保健機構の中の専門組織である「国際がん研究機関」が加工肉には発がん性があると発表しています。

 

加工肉とは、ハムとかソーセージのことな!

 

一生のうちに1回も食べてはいけないとか、そんな極端な話をするつもりはありません。

発がん性がありますよ、と発表されているものをわざわざ買って食べなくても良いのでは?と思うわけです。

私たちの体は、食べたもので出来てるんやで!

 

自分の健康も守りたいし、子どもたちの健康も守りたいので、完全無添加のソーセージを作ってみました。

添加物なし!手作りソーセージが簡単すぎた

ソーセージって作ったことありますか?

私も今回が初めてやで。

ソーセージは作るものじゃなくて買うものって思っていませんか?

 

やってみたら、ソーセージは簡単に手づくりできたので作り方を紹介しますね。

材料

  • 豚ミンチ肉
  • 塩麴
  • セージ

 

ミンチに加工してる肉なんて食べれない!という場合は豚肉をフードプロセッサーでガーッとやってください。

間違ってもミキサーではミンチにしないようにお願いします。

それでミキサーを壊した人がここにいてるで。

 

私はズボラ主婦なのでミンチ肉を買いました。

あ、分量ですか?

目分量で!

 

一応目安は、肉200グラムに対して塩麴(塩分20%)大さじ1弱ぐらい、セージは小さじ半分ぐらいでした。

作り方

  1. ミンチ肉と塩麴を混ぜて練る
  2. セージを指でつぶしながら肉だねに混ぜる
  3. 細長く形成してフライパンで焼く。蓋をして弱火。

 

ね、簡単でしょ?

 

 

ミンチ200グラムで出来た無添加・安心のソーセージはこんな感じで少量でした。

次からは肉500グラムで作るわな。

添加物なしのソーセージが美味しすぎた

添加物なしの安全なソーセージはこんな感じに出来上がりました。

いい感じに焼き色がついて。

低温で焼き上げたから、しっとりジューシー。

うまくできたので嬉しくなって写真撮影タイム。
ミラーレス一眼で。

セージのいいにおい。

これはもうイタリア仕込みのソーセージですか?っていうぐらいオシャレな香り。

 

安全なソーセージを撮影していると、子どもが釣れました。

 

 

1歳半の子どもですが、もぐもぐと美味しそうに完食してくれました。

セージが豚ミンチをソーセージらしく仕上げてくれるんですね!

 

小2の長男も、年中の長女も、1歳の次男も、みんな喜んで食べてくれました。

 

「おかわり!」

 

もう無いんや・・
今度は肉500グラムで作るわな!