おすすめ紹介

小学生の子どもと遊ぶなら和歌山ポルトヨーロッパ!子ども連れて行く前に要チェック!おすすめの楽しみ方を紹介

小学生の子どもと遊びに行くなら、和歌山にあるポルトヨーロッパがおすすめです。
今回は

  • 保護者1人
  • 小学2年生
  • 年中

この3人のメンバーでポルトヨーロッパに行ってきました。

パパが忙しくて一緒に遊びに行けないという家庭でも、楽しめるポルトヨーロッパについて紹介します。

ポルトヨーロッパとは?

ポルトヨーロッパは、和歌山にある遊園地です。

ヨーロッパの街並みをイメージした園内は、歩いているだけでも楽しいです。

ポルトヨーロッパがおすすめの子ども(年齢)

小学生

小学生以上の子どもは、身長制限さえクリアできれば一人でアトラクションに乗ることができます。

アトラクション乗り放題のチケットさえ持っていれば、1日中自由に遊ぶことができます。

小学生の子どもには、かなりおすすめです!

今回は、小学2年生の子どもを連れて行きましたが、1人で乗れるアトラクションがたくさんあって、自由に楽しんでいました。

親は近くで、子どもが楽しんでいる姿を見ているだけでいいので、かなりラクですね。

4歳〜6歳(小学生未満)

小学生未満の子どもは4歳以上であれば、ほとんどのアトラクションに乗ることができます。
ただし、保護者が必ず同伴になります・・。

私は絶叫系のアトラクションが一切無理なので、小学生未満の子どもが「乗りたい!」と騒いでいましたが、願いを叶えてあげることはできず(涙)

赤ちゃんでも乗れるようなアトラクションに同席して乗りました。

ゆっくり動く電車みたいなやつに乗りながら水鉄砲をうつアトラクション。

ボタンを押すと水が発射されます。

的に当たっても当たらなくても、楽しめる感じです。

5歳の子どもも喜んでいました。

小学生未満の子どもは、保護者同伴でしかアトラクションに乗れません。

3歳未満

3歳未満はチケットが無料ですが、乗れるアトラクションもかなり少ないです。

ポルトヨーロッパのアトラクションは、「4歳未満の方はご利用いただけません」というものが多く、3歳未満の子どもが楽しめるかというと、微妙かなぁという印象です。

3歳未満でも楽しめるのは、キッズランドというアトラクションです。
ハイハイの赤ちゃんでも遊べるスペースがあり、3歳未満の子どもも楽しむことができます。

キッズランドの中には日本最大級のボールプールがあり、5歳の子どもも長時間楽しんでいました。

ボールプールは年齢制限がないようでしたし、3歳未満の子どもがいる兄弟でも楽しめるのではないかなぁと思います。

ポルトヨーロッパでこれだけは食べて欲しいもの

ポルトヨーロッパには、黒潮市場という、海鮮を楽しめるフードコートがあります。
でも子どもと一緒にポルトヨーロッパに行くなら、大人の食事には付き合ってくれませんよね。

子どもたちが楽しんでくれることをメインにポルトヨーロッパの計画を立てたので、お昼ご飯にはコンビニのおにぎりを1人2つずつ持参しました。(節約。笑)

おにぎりで足りない部分を、ポルトヨーロッパ内で補うのも良いですよ。

メインはおにぎりで済ませるとして、ポルトヨーロッパ内で食べて欲しい、おすすめのものを紹介します。

くろさわ牧場のソフトクリーム

ポルトヨーロッパ内で食べられる、くろさわ牧場のソフトクリームはめっちゃおすすめです。

くろさわ牧場とは、和歌山県海南市にある牧場で、そこのミルクを使ったソフトクリームがポルトヨーロッパで食べられるのです。

そんじょそこらのソフトクリームとは違うで。
くろさわ牧場のソフトクリームはめっちゃ美味しいから。

ほんと、感動的に美味しいのでおすすめです。

フライドポテトが便利だった

もう一つ、ポルトヨーロッパ内でおすすめなのがフライドポテトです。

めっちゃ美味しいというわけではないのですが・・

子どもってすぐお腹いっぱいになりますよね。

でもフライドポテトを持ち歩けば、アトラクションの合間に「なんか食べたい」という子どもに渡して手軽に空腹を満たすことができます。

たまたま買ったフライドポテトでしたが、ちょっと小腹が減った時に便利でした。

ポルトヨーロッパの駐車場は?

ポルトヨーロッパには駐車場がありますが、ナビの通りに行くと、ちょっと困ったことがありました。

「ポルトヨーロッパ」をナビにセットして行ったのですが、橋を超えて「もうすぐポルトヨーロッパだ!」というとき、ナビでは「右に曲がります」となっていたのですが、駐車場の入り口は橋から直進したところにあります。

駐車料金は?

ポルトヨーロッパの駐車場は、1日1200円でした。(2019年3月現在・土曜日)

ポルトヨーロッパの割引は?

ポルトヨーロッパの料金は?

大人(中学生以上) 3800円
子ども(3歳以上) 3200円

開店10時〜閉店18時まで使えるパスの他に、トワイライトパスというものがあります。
トワイライトパスは閉店18時以降の場合に17時から発売されます。

オーカードで入場無料?

昔、オーカードというポイントカードを持っていれば、ポルトヨーロッパの入場料が無料になるという割引があったのですが、現在はそもそも入場料が無料でした。

チケット割引

入場料は無料ですが、アトラクションに乗るには料金がかかります。
上記のチケット代ですが、前売り券を買うことで割引を受けることができます。

大人(中学生以上) 3800円→3600円
子ども(3歳以上) 3200円→3100円

詳しくは公式サイトをご覧ください。

無料で楽しめるもの

ポルトヨーロッパは入場料が無料なので、アトラクションに乗らない場合は無料で入れることになります。

ポルトヨーロッパでは、野外のイベントもあるので無料でも少将は楽しむことができます。
この日は大道芸人さんが来ていてショーを見ることができました。

ファイヤー!

無料で見ることができる大道芸は一瞬で終わってしまうので、やはり1日乗り放題のパスを買うのがおすすめです。

ポルトヨーロッパは犬もOK?

ポルトヨーロッパでは、犬も入場できるようで、クレートやベビーカーみたいな犬のカートに入った犬がいました。

お土産やさんにも、クレートやカートに入っていれば犬も入店できるところがありました。

犬を連れてポルトヨーロッパに行くときは、クレートに入れて、お店の人に「犬も一緒に入店できるか」確認してみてくださいね。

ポルトヨーロッパへのアクセス

小学生の子どもと一緒に遊びに行くなら、ポルトヨーロッパがおすすめです。
そんなに散財せずともクタクタになるまで楽しめます。

小学生未満の子どもも楽しめますが、全てのアトラクションで保護者の同伴が必要です。

下の子が小学生になったら、またみんなで行きたいなぁと思いました。