コラム

リバウンドしない食生活で味覚が変わった?話

ダイエットに成功して、リバウンドしないためにできるだけ小麦を食べないような食生活を心がけています。

とは言うても、たまには小麦たべたくなるし、食べるで。

リバウンドしないために普段はほとんど小麦を食べないのですが、この前たまたまランチしたお店でパスタがあったので食べてみたところ、味覚が変わったのかも?と思うことがありました。

リバウンドしない食生活とは?

パスタの話の前に、リバウンドしない食生活について簡単に紹介しておきます。

  • 小麦からできているものはできるだけ食べない
  • 毎日体重を計る
  • 体重が増えてきたらダイエット食で調整する

 

ダイエットに成功したあとに、リバウンドしないために少しずつ食事を増やします。

ダイエット中は炭水化物をほとんど食べなかったのですが、ダイエットが終わるとそこまでの食事制限はいらないです。

ただし、小麦からできているものはできるだけ食べないように気を付けています

小麦には食欲を増進させる魔力があるんやで。

 

小麦には食欲増進の作用があるので、無駄にたくさん食べてしまいがちです。
リバウンドしないためにも、できるだけ小麦からできているものは食べないようにします。

 

あくまでも「できるだけ」なので、まったく食べないというわけではありません。

私だってたまには小麦のやつ、食べるで。

先日ランチに行ったお店でパスタがあったので、久しぶりにパスタ食べよう!という気持ちになりました。

ダイエットで味覚が変わった?

ダイエット前によく行っていたお店に、久しぶりに行きました。

  • 前菜
  • サラダ
  • メイン=パスタ

こんなランチメニューでした。

 

パスタなんて、ダイエット以来食べてなかったので、もう1年ぶり。
美味しくて月に1回は通っていたお店でした。

 

ところがパスタが来て・・

 

なんやこの小麦粉のかたまりは!

ダイエットによって味覚が変わったのか?パスタはほぼ食べれませんでした。

お店の人には申し訳ないのですが、パスタは残させていただき・・(ほんと、すみません、次からはパスタを注文しないようにします)

 

ダイエット成功してキレイに痩せたのはいいけど、パスタが食べれなくなるなんて・・いいのか悪いのか・・と微妙な気持ちでその日は帰宅しました。

小麦粉のかたまりを食べる日再び!

大好きだったパスタを不味いと感じるようになってしまい、お店で残してしまったというのは私にとってショックなことでした。

このまま小麦粉アレルギーみたいになってしまうんか?!

 

小麦粉は食欲を増進させるので、無駄にたくさん食べてしまうという作用があります。

だから、小麦粉からできたものは食べなくてもいいし、健康のためを考えるならむしろ食べなくていいのですが、小麦粉を食べれないとわかったのが急だったので、心の準備が出来ていなかったんですよ。

 

そんなある日。

子どものリクエストでラーメンを食べに行くことになりまして。

ラーメンか・・小麦粉やん。食べれるかな・・心配。

 

ラーメンも小麦粉からできているので、お店で注文したはいいけどまた食べれなかったらどうしようと軽くトラウマみたいになっていたのですが、子どもがラーメンを楽しみにしていたので心を決めてラーメンを食べに行きました。

 

ブログのネタになるかと思ってスマホで撮ったんですが、スマホのカメラがあほになっていて、何度撮りなおしてもピンボケするんです。

ごめんやで。

 

醤油豚骨のスープにからむ、細麺。
野沢菜ジャン。(野沢菜+コチュジャンできなキムチ的なやつ)

まずはスープを一口。

んんまいっ!!

 

ラーメン完食しました。

ダイエットで味覚は変わる。

ダイエットによってパスタが食べれなくなるほどに味覚が変わったのではないかという疑惑ですが、ラーメンは完食しました。

パスタが普通に不味かっただけのようです。
本当に美味しいものしか食べないようになったので、無駄食いは減りましたね。

 

痩せる前は、「痩せたら好きなものを食べれなくなるのでは・・?」と心配になることがありますよね。

それは、痩せる努力に対する言い訳やな!

 

痩せても好きなもの食べれるし、とりあえず心配しなくていいのでダイエット頑張って下さいと言いたい。

ファイトやで!