産後ダイエットの食事

ダイエットの夕食は何食べる?ダイエット中の夕食におすすめ献立は?

ダイエット成功のカギは夕食にありやで!

ダイエットを成功させるには、夕食にこだわることが大切です。
ダイエット中の夕食について、痩せるために気を付けることを紹介します。

ダイエット中の夕食

ダイエットは晩ご飯を抜くと痩せるという話をよく聞きますが、食べるのをやめるとその時はすぐに痩せますが、食べるのを再開すると太ります。

お昼に食べ過ぎてお腹いっぱいで夕食を食べれないということはあります。

しかし食べたいのにガマンし続けるというのは良くないです。
食べるのをガマンし続けるのは体にも良くないし、続きません。

無理にガマンして食べないダイエットは、あかんで!ぜったい!

食べないダイエットというのはキレイに痩せないし、必ずリバウンドするのでお勧めしません。

というか、食材選びを間違わなければ食べても痩せます。

ダイエット中の夕食は、ダイエットのルールに従って食べます。
朝も昼も夜も、たんぱく質(肉や魚など)を中心に献立を考えます。

野菜は、葉っぱの野菜というのを念頭に置きます。

朝も昼も夜も、ダイエットの献立の考え方は同じなのですが、ダイエット中の夕食は以下の3つのことに気を付けるとダイエットがやりやすくなります

  1. なるべく19時までに食べ終わる
  2. 夕食から朝食までは12時間以上間隔をあける
  3. 夕食を軽く済ませると痩せやすい

ダイエットをスムーズに進める夕食のポイント3つを詳しく見ていきましょう。

なるべく19時までに食べ終わる

ダイエット中はなるべく19時までに夕食を食べ終わるようにします
仕事の都合などもあり19時までに食べ終わるのが難しい人もいるでしょう。

ダイエット期間は3か月です。

その間はお付き合いの飲み会などもできるだけ避けたいところです。
人付き合いも大切なので、どうしても仕方のない場合もあります。

しかし、寝る3時間前までには夕食を終えましょう

夕食から朝食までは12時間以上間隔をあける

ダイエット中は夕食から翌朝の朝食まで12時間以上の間隔をあけます
例えば19時に夕食を食べ終わったら、翌朝の朝食は7時以降ということになります。

夕食を取る時間が遅くなれば、朝起きたときにお腹がすいていない時がありますよね。
無理して食べなくていいです

空腹じゃないのに食べてたら痩せへんし、胃のびるで!

水分補給はしっかりして、お腹がすくまで待つというのもダイエット中にはおすすめです。

夕食を軽く済ませると痩せやすい

ダイエット中は夕食を軽めにすると痩せやすいです。

ダイエットでよく聞く話ですが、夕食を済ませたら、あとはほぼ寝るだけですよね。
消費カロリーも少なくなるので、夕食は軽めにできるのが理想的です。

夕食を軽めにすると朝起きたときにお腹がすいて、朝食を美味しくいただけるというメリットもあります

明日の朝食にこれ食べよ~って楽しみになるで!

朝からたくさん食べて、元気に1日をスタートできます。

ダイエット中の夕食にオススメの献立

ダイエット中にオススメの献立を紹介します。
野菜をたっぷり食べて、たんぱく質も取れるように工夫します。

夕食は家族が揃って食べることも多いのではないでしょうか。
自分だけ別メニューというのは、家族がいると難しいので、子どもも大人も一緒に食べれるというのが、子育て中のママさんには必須ですよね。

肉焼く+サラダ+味噌汁


ダイエット中の夕食にオススメなのが、肉焼くだけ+サラダ+味噌汁です。

夕食を取るまでにお腹がすきすぎるとドカ食いしてしまうという危険性もあるので、ダイエット中の夕食は出来上がるまでのスピードも重要です。

  1. 肉焼く
  2. 味噌汁作る
  3. サラダ作る

上の写真はもやしのナムルにしているので、もやしをゆでるという工程がありますが、もやしをゆでたら水切りしてごま油と塩ふるだけです。
サラダなら、洗ってちぎるだけなのでスピード重視できますね。

味噌汁は体を温めるし、ダイエット中の冷えも防止できます。
味噌汁おすすめです。

味付けが濃くなりすぎないように注意して、ダイエットの夕食を作ります。

ダイエット中の夕食まとめ

ダイエット中は夕食の食べ方を工夫することで痩せやすくなります
今までは夕食の時間帯が遅かった人も、この3か月だけは19時までに食べ終わるように頑張ってみてはいかがでしょうか。

ダイエットは工夫次第で、子どもがいても旦那の世話があっても痩せれます。

 

  1. なるべく19時までに食べ終わる
  2. 夕食から朝食までは12時間以上間隔をあける
  3. 夕食を軽く済ませると痩せやすい
夕食は軽めにするんやで!痩せるで!